Trapped Like A Roller Coaster

急速にハマった中国ドラマについての雑感置場。

VOD(動画配信サービス)を利用して中国ドラマを見る。

 

 

唐突ですが私はテレビを一切見ません。

かれこれ5年程でしょうか。

特に見たい番組や見たい芸能人がいないのにとりあえずテレビを点けて何となく見ているという時間がなんだかすごく勿体ない気がする。と唐突に思い始めてから、テレビを点けるのをやめるようになりました。

好きだったバラエティ番組やドラマ等もありましたが、一度テレビを点けないようになると毎週決まった時間にテレビの前にいること自体が面倒だと思うようになり、一定期間離れていると不思議と関心もなくなっていきました。

そのせいで流行りの芸人さんやタレントさん、アイドルなんかもさっぱり分からなくなってしまいましたがw

特に支障はありません。

 

でも私みたいな人って今は多い気がします。

決められた番組しか見れないテレビより自分の好きな動画を好きなだけ見れるYoutubeとかのほうが楽だし面白いじゃないですか。

 

ということで本日のテーマ。

VOD(動画配信サービス)で中国ドラマを見てみよう!です。

 

VODの魅力は何と言ってもいつでもどこでも好きな時に好きなコンテンツが見れる!

これにつきます。

VODフリークの私は現在Amazonプライム、U-NEXT、Netflix、そしてWOWOWオンデマンドを契約しています。

WOWOWオンデマンドはWOWOWのチャンネル契約に付随するサービスなのでやや異なりますかね。

無料サービスや過去に利用していたものを含めると数えられないほどになります。

 

とにかく山のようにあるVODですが、この中でじゃぁどれが中国ドラマを見るのにおすすめなの??と混乱される方もいらっしゃるかと思いますので、私的おすすめ中国ドラマ視聴用VODをご紹介させていただきます。

 

 

Amazon プライムはアジアドラマ視聴には不向き

 

Amazon プライムといえば言わずと知れたVOD最大手といえるでしょうが、中国ドラマあるいは韓国ドラマ等のアジアドラマは今のところあまり良いとはいえない品揃えです。

月々400円程度であらゆるコンテンツが楽しめるというのは魅力的ですが、映画やオリジナル番組に比べるとアジアドラマは定番タイトル中心ですし、見放題のプライムビデオではなく1話216円のレンタルがほとんどです。

さらに残念なのは今のところ中国ドラマというジャンルが無いので、検索が非常にしづらいということ…「これが見たい!」と決めてタイトルで検索するしかありません。

 

とにかく会員費が安いのでVOD初心者で特に見たいものもないけど興味ある…という人や日頃からAmazonでよくお買いものをするという人にはお勧めです。

中国ドラマや中国映画をたくさん見たい!という人にはお勧めしません。

 

■見放題のコンテンツ数は圧倒的No.1!アジアに強いU-NEXT

 

Amazonとは反対に、オリジナルコンテンツはめっぽう弱いもののアジアドラマの品揃えが豊富なのがU-NEXTです。

こちらは月額だいたい2,000円。

そこそこお値段高めですが、充実したラインナップは魅力です。

中国ドラマのカテゴリーがあるだけでなく、台湾ドラマともきちんと分けられているのが非常にありがたいポイントです。

ちなみに現在、月額会員で見放題となる中国ドラマは約50本。

 

f:id:tommhe:20181102155546p:plain

f:id:tommhe:20181102155609p:plain

f:id:tommhe:20181102155638p:plain

 

時代(古装)劇中心ですが、新旧バランスよく話題作を取り扱っています。

これに加えて、毎月もらえるポイントで1話ごとに購入できるドラマは約10本。

 

f:id:tommhe:20181102160031p:plain

 

このほかにも設定がミスっているのか中国ドラマカテゴリーに表示されないけど配信されているドラマもいくつかあります。

私が把握しているのは酔麗花、皇帝の恋 寂莫の庭に春暮れて、逆転のシンデレラの3作。いずれもポイント制。

 

新作はポイント制のものが多いですが、時間が経つと見放題に切り替わったり。

中国ドラマにとどまらず韓国ドラマでも圧倒的タイトル数なので、アジドラ好きにはかなりおすすめです。

1か月無料体験もできるのでぜひ。

 

 

■愛奇芸(iQiYi)との提携でオリジナルコンテンツ急増中のNetflix

 

Netflixといえば海外(欧米)ドラマのイメージでしたが、ここにきてアジアコンテンツが充実してきました。

去年、愛奇芸とのライセンス契約を結んだおかげで愛奇芸オリジナルドラマが中国での放送からほとんど間を空けずに最新作を字幕付きで見れるようになったのです!

 

現在のラインナップはこちら。

 

f:id:tommhe:20181102161634p:plain

f:id:tommhe:20181102161653p:plain

f:id:tommhe:20181102161716p:plain

 

サムネイルにNetflixのロゴが入っているものがオリジナルコンテンツ、つまり日本ではNetflixだけが配信権利を持っている作品ということになります。

U-NEXTと違って台湾ドラマもひっくるめた華流ドラマとしてのカテゴリーですが、これも本数が増えていくにつれて細分化されていくのではないかなと思います。

Netflixはオリジナルコンテンツを独占配信しているのに加え、オリジナル以外のタイトルでもU-NEXTが配信していない作品を中心に取り揃えているのが面白いところです。

皇后的男人、幻城などは他ではなかなか見かけないです。

王女未央は少し前までU-NEXTでもポイント配信していたので、あちらも一旦配信停止にしてもうすぐ見放題配信になるのではないかなと思います。

 

月額は画質によって3つのプランがあり、一番安いので800円。

スマホから見るだけならこれで十分かと思います。

タブレットやPCなら1,200円、ネット対応テレビなど大画面で見るなら1,800円のプランがおすすめです。

ちなみに私は1,200円のプランに登録中です。

こちらも1か月の無料体験ができますよ。

会員であればすべてのコンテンツが見放題でポイントや別途課金が無いのもわかりやすくてよいかと。

 

 

 

U-NEXTとNetflixはラインナップがほとんど被っていないので、どちらも外せなくて困っています…

ただ傾向としては、U-NEXTは中国でヒットしたドラマや人気俳優が出演しているドラマなど、日本でDVD化されている作品が多いです。

DVD-BOXの発売に合わせて配信開始することがよくあります。

Netflixは愛奇芸との提携があるので、中国でのヒットや人気俳優とは関係なしにネットドラマ中心の配信です。

サスペンスから緩い日常ものまで、ヒット作よりはマニア受けを狙ったような品揃えですが、これもまた本数が充実してきたら変わってくることでしょう。

 

■多少の不便さに目をつむればお得な無料サービス

 

お金をかけずに中国ドラマを楽しむVODとしては、私が使っている(いた)ものは3つあります。

 

まずはなんといってもYoutube

すばらしいのは中国での放送とほぼ同時に見られるということ。

各テレビ局や制作会社のチャンネルがまるっとフルバージョンをただで見せてくれるなんて太っ腹。

ただし欠点は日本語字幕はほぼ9割無く、その他の言語字幕も付いたり付かなかったり途中で途切れたりするので中国語が分からないとかなりつらいです。

そしてもう一つ、ある日突然見れなくなるリスクがあります。

本当に突然見れなくなります。

全部消えてしまったり、途中の数話が穴抜けになったり…これはもうあちらの事情なので分かりません…

 

次におすすめなのがAbema TV

名前のとおり、独自のチャンネルをいくつも持っているインターネットテレビといった感じなのですが、その中の一つに韓流・アジアドラマのチャンネルがあります。

テレビと同じように番組表があり、いろいろなドラマが毎日配信されています。

番組表の時間に見たいドラマが見れなくても放送終了後一定期間であればオンデマンド視聴も可能だったりします。

ラインナップは殆ど韓国ドラマなのですが、今はツンデレ王子のシンデレラ(原題:致我們単純的小美好)が毎週土曜に1話ずつ独占配信されています。

常に中国ドラマの配信があるわけではありませんが、定期的にチェックしているとここでしか見られないドラマが出てくるかもしれません。

 

最後はおすすめではないけれどもっと発展してほしいと思っているRakuten Vikiです。

楽天と入っていますが、海外向けの動画サービスで日本ではマイナーかつ発展途上のサービスです。

一般の有志を募る形の字幕協力によって日本・中国・韓国などアジアのドラマや映画を外国語圏の人々に提供するというもの。

日本では地域制限がかけられていて視聴可能なタイトル数が少なく、英語字幕メインなので日本語字幕が付いているタイトルも少ないです。

更には5分おきに入ってくる動画広告がめちゃくちゃうっとうしい。

有料会員になると広告が消せますというメッセージも良く出てきます。

いずれもPCでの視聴に限られますが、

  1. Adblockなどの広告を消すソフトを入れておく
  2. 海外のプロキシ経由で地域制限がかからない状態にする

この2つによってこの難点は解決されるのですが、どちらもセキュリティ的に自己責任での行為となるのでおすすめはしないです。

ちなみに私はほとんど英語字幕で視聴していたのですが、字幕の精度はYoutubeよりもVikiの方が上かなと思います。

 

 

以上、3600字超えの超大作(?)となってしまいました。

ノンストレスでたくさんの中国ドラマを見ることができるという点で、やはり私のおすすめはU-NEXTとNetflixです。

どちらも1か月間無料体験できますから、興味を持った方はぜひ一度お試しあれ。